タンス処分の方法と費用相場

タンスの知識

タンス処分の方法と費用相場

新居に引っ越す際などにそれまで利用していたタンスを処分して新しいものに交換するといったご家庭もあるでしょう。また新居にかなり広いクローゼットがあるためタンスは邪魔だという理由から、交換ではなく処分を検討しているといったご家庭も多く存在していると言えます。 最も簡単なタンスの処分方法としては、リサイクルショップに買取ってもらうことです。自宅まで出張形式で重たい家具を引き取りに来てくれるといったリサイクルショップは全国的にかなりの数が存在しており、上手に利用すれば自己負担が一切無いどころかお金をもらえるといった形で引き取ってもらえます。 しかしリサイクルショップであっても買取ってくれないような古いタンスも当然ながら存在しています、そのようなタンスは自治体に依頼して粗大ゴミとして回収してもらうといいでしょう。 費用の相場としては安ければ数百円、高くても2千円以下で回収してもらえるため、そこまで費用はかからないということを記憶しておいてください。

タンスの起源と種類や材質の特徴

タンスの起源は、持ち運びの出来る長持ちや竹で出来た行李と言われ、戦国時代の終焉ともに一部の豪商や大大名が使い始めたと考えられています。
一般庶民に普及して行ったのは、江戸末期とも言われています。
種類も多種様々で、衣装や食器を入れるものだけでは無く、武家の刀や薬屋の生薬を入れるものもあります。
タンスの材質も様々で、材料として最高と言われるのが桐であり、桐は飛鳥時代に中国より伝来し栽培され、均一な材質を有し非常に加工がしやすく、吸湿率や透水性が低く特殊な舟箪笥などにも用いられています。
桐は、ヒノキオール等の含有成分により虫に強いとされ、火災時には表面が炭化し中まで燃え難い事が知られており、貴重品など大切な着物が入れられる事が多かった様です。
桐材は火事場から取り出され、炭化した部分と一皮剥いて再び建築に使われたとも言われ、農家では女の子が生まれると、桐を植えると言うほど大切で高価な材料とされています。
日光東照宮造営に当たった工匠が住み着いたと言われる埼玉県春日部や新潟県加茂市など日本各地で作られています。
他には、杉やタモ、ケヤキなども使われ、仏壇に多用される黒檀や紫檀なども材料として使われています。
現在では、タンスの魅力が再認識され、古い箪笥をリメイクしたり、洗浄したりとアンティークとして求める若者が増えています。
特に時代家具と呼ばれる箪笥やカラクリ箪笥は非常に人気があり、既存のものではなく、新しく製造し古く見せる加工して販売している業者もいます。

pickup

ビンテージなアメリカの看板やアンティーク雑貨なども人気!""

アメリカ雑貨

塗装用具・塗料 通販でお届けするプロショップです。

塗料の通販サイト

高品質の胡蝶蘭を産地直送します。

胡蝶蘭 販売

Last update:2016/7/20

Copy Right (C) タンスの知識 All Right Reserved